銀行系カードローンの特徴とは?

銀行系カードローンのメリット

カードローンには、消費者金融や信販会社などのカードローンと、銀行系の2種類があります。分割して返済を行うことができたり、融資限度額の範囲内で何度でも借りることができる点は共通していますが、銀行系カードローンには様々なメリットがあります。まず、消費者金融のカードローンと比べると低金利であることです。下限だけでなく上限の金利も低い水準になっているので、返済の負担が少なくなります。また、銀行は銀行法の適用対象であるため、貸金業法は適用されません。そのため、総量規制の対象外となっており、年収の3分の1以上の借り入れも可能となっています。さらに利用限度額が高いので、大口融資にも対応できます。他にも、郵便物の差出人は銀行名であるため、家族にカードローンの利用がバレにくいですし、勤務先に電話をかける審査担当者も銀行名を名乗るので、上司や同僚に怪しまれる心配がないというメリットもあります。

銀行系カードローンのデメリット

多くのメリットがある銀行系カードローンですが、デメリットもあります。まず、消費者金融と比べると、審査基準が高く審査通過のハードルも高い点です。そのため、申込みから融資までに時間がかかるので、即日融資には対応していません。そして、カードローンを行っている銀行の口座が必要な場合もあります。口座がない場合は、カードローンの申し込みと同時に、口座開設も申し込まなければなりません。口座開設には1~2週間かかるので、急いで現金が欲しい人には不向きであるといえます。さらに、便利であるため借り過ぎてしまうというリスクや、銀行系カードローンの借金が増えると、住宅ローンなどの審査が不利になるというデメリットにも、注意しておく必要があります。メリットとデメリットの両方をしっかりと理解して、利用することが大切です。