借りる目的によって選ぶ

事業目的ならビジネスローンを使おう

ビジネスローンは中小企業や個人事業主に対応するローンサービスです。一般的なローンとは違い事業目的以外では使えない性質を持っているのが特徴と言えるでしょう。個人向けに比べて借り入れできる金額は高く設定されています。融資額は1000万円くらいまで対応可能ですが、中には最高5000万円で融資してくれるところもあるためお金のかかる事業に適しているのがメリットです。金利は個人向けよりも高めに設定されているので長期借り入れには向いていないのがネックと言えます。

銀行系では融資難易度が高い半面低めの金利設定が魅力です。消費者金融はすぐに融資を受けることができるうえに融資難易度も低いが金利は高めの設定をしています。

個人利用目的なら消費者金融がおすすめ

ショッピングをしたいけれどお金がないというときは消費者金融を使ってみるといいでしょう。個人向けのローンを扱っているのが特徴で少額から借り入れができます。メリットは特別なキャンペーンを行っている部分です。例えばはじめての借り入れをするときには30日間限定の無利息ローンを提案してくれます。30日間以内に返済をすれば借りた金額分だけでいいので、金利がかからないのがメリットです。個人利用なら最大500万円まで対応可能、審査時間も早ければ30分で済みます。

年率は融資してもらえる金額により変動するシステムで3%くらいから18%が設定されているのが特徴です。ちなみに利用限度額は消費者金融により変動するので調べてから利用するといいでしょう。