返済方法の違いを知っておこう

クレジットカードのように口座振替でも返済できる

カードローンの返済方法は各社一つだけとは限りません。手軽に返済できるということで、コンビニなどにあるATMからの返済をアピールしている貸金業者が多いですが、そのほかの方法も用意しているのが普通です。たとえば、客が自分の銀行口座を指定し、貸金業者がそこから返済分のお金を引き落とすという方法があります。これは、クレジットカードの返済でよく利用される方法ですが、カードローンでも選択すれば使えることが多いです。
銀行口座からの引き落としがほかの返済方法と異なるのは、カードの利用者が返済にあたってなにもしなくていいという点でしょう。給料が振り込まれる口座から引き落としてもらうようにすれば、口座に入金しにいくという手間もかかりません。

コンビニで直接現金を支払う

コンビニで返済できるという方法もあります。コンビニにはコンサートのチケットを予約したり、チケット代金を払うための払込票が発券される機械が設置されていますが、その機械に貸金業者が指定した番号を入力することによって、返済用の払込票が発券され、それをレジに持っていって現金で支払うというシステムです。
この方法は以前まではあまり利用されていませんでしたが、最近は大手の消費者金融でも使えるようになっているところが増えてきています。高齢者を中心に、口座振替やネットバンキングを使った振り込みのようにすべてオンライン上で完結するのではなく、人間に対して直接現金を払うという形が安心するという人が少なくありません。